キー・パンチャー

キーパンチ TL1 (1950)

 
         
 
長い間、モールス信号の伝送速度は無線通信士のパフォーマンスに依存していました。 速度を上げるために、強力なモールス信号エンコーダーが使用されました。これは、パンチされたテープから送信されるモールス信号をスキャンしました。 これらのストリップは、テキストをパンチされたテープにパンチするキーパンチで準備されました。 送信されるテキストはキーボードで入力され、モールス信号に変換され、ホイートストンのパンチテープ(英国の物理学者チャールズホイートストーン、1802-1875にちなんで名付けられました)にパンチされます。
 
 
 
         
 
ホイートストンパンチテープは、2トラックのパンチテープで、間に
トランスポートホールの列があり、その間にモールス信号がパンチされています。 モールスアルファベットのポイントは、互いに重なり合う
2つの穴としてコード化され、線は2つの斜めにオフセットされた穴
としてコード化されます。
     
         
  wheatstone code      
         
 
キー押下の対応するモールス信号への変換は、適切なくぼみによって
動かされるレバーとセレクターレールの配置を介して純粋に機械的に
行われるため、パンチングメカニズムは対応するモールス信号に設定
されます。 パンチング機構は電気モーターで駆動します。
     
         
 
 
モールス用器の実演