会社の発展

 
 
1929
- ベルリン近郊のノイバベルスベルクに自社を設立
 
1931
- ベルリン・ダーレムへの会社の移転
 
1945
- 会社は第二次世界大戦の終わりに完全に破壊されます

1947
- キールディートリッヒスドルフでの新たな始まり

1961
- キール・ガーデンにヘルワークIIを設立

1971
- 会社Dr.-Ing.Rudolf Hell KGのはDr.-Ing.Rudolf Hell GmbHになります。
   Siemensの会社が多数株出資をもっています

1972
- Dr.Hellは現役の経営陣を退職し,
  会長として監査役会のメンバーになる
 
1981日本
- 東京では、子会社「海外地獄グラフィックセンター株式会社」設立されました
 
1989
- Dr. Hellはアクティブなビジネスライフから撤退します。
   Linotype AGへの現物出資としてのシーメンスからのHell GmbHの貢献により、
   Linotype-Hell AGが設立されました。
   第1工場は閉鎖されています。
   その後、キール・サクスドルフのヴェルクIIIの本部支店になる。
- 東京では、子会社「カイガイヘルグラフィックセンター株式会社」
「ヘルグラフィックス株式会社」に変換。
  本社を東京の中で移転されます。
 
1991日本
「Hell Graphics K.K」は「Linotype-Hell.K.K」として動作します。

1996
- Heidelberger Druckmaschinen AGによるLinotype-Hell AGの買収 。
  キール・サクスドルフの第III植物は、キールのハイデルベルグ・ドラックマシーネン社
  になります。
 
1997
- キールの場所は、ハイデルベルグドラック・ドラックマシーネンの
   ロゴで運営されています 、全体の世界市場リーダー印刷メディア業界。
   キールはプリプレス技術の開発と生産の拠点でもあります、と デジタル印刷機の
   組み立て用。
 
1998日本
-  日本法人 ハイデルベルグプリプレス株式会社を経て、ハイデルベルグジャパン
    株式会社 発足。
 

2002日本
- 製品ライン「彫刻」は、ハイデルベルクジャパン株式会社から取得されました。
   独立会社「ヘルグラビアシステムズ」に異動。