電送写真受信機 TM 4006 (1981)
 
 
望遠画像受信機TM4006は、ヘリウムネオンレーザーを使用して白黒画像を乾いた写真用紙に記録します。(乾いた銀の紙)。
レーザーの明るさは、受信した画像信号によって変調されます。
 
レーザービームは、ミラー検流計と偏向ミラーで偏向され、写真用紙が1行ずつ露光されます。検流計のミラーは、のこぎり波機能に従って前後に回転します。これにより、ミラーは一方向に均等に回転し、非常にすばやく開始位置に戻ります。これにより、レーザービームがフォト
用紙の線に沿って均等に移動し、次の線の先頭にすばやくジャンプ
します。露光後、フォトペーパーは熱の作用によって現像されます。
 

   Kulturdenkmal SH en

   
       
  TM 4006 Strahlengang