モールスの記録計

 モールスレコーダーUR39 (1952)

 
         
 
モールス信号レコーダーの記録は、受け取ったモールス信号を一片の
紙に記録します。記録のために、書き込みアームは電磁的に偏向され、接触点でペイントローラーによって着色された紙片に押し付けられ
ます。モールス信号は、1分あたり最大300個のモールス信号を記録で
きます。

 
受信したモールス信号は、いわゆるアンジュレータスクリプトに記録
されます。つまり、曲がりくねった線が書き込まれます。これにより、線は基本位置から短い点で偏向され、長い線で偏向されます。
アンジュレータの書き込みは、特に伝送ラインに干渉がある場合、
連続するドットやラインよりも読みやすくなります。
 

  Kulturdenkmal SH en

 
         
  morse code      
         
 
 
モールス用器の実演