Chromagraph DC 300 B (1975)  
         
 
このスキャナの長さは3メートル以上で、重量は約1トンです。スキャナは、走査ドラムと記録ドラムを有する。両方とも1つの軸に固定され、同じ速度で回転します(Tangoも参照)
 
オペレータは色補正を調整しながら画像を見ることができず、色補正の効果を評価した(画像はまだ走査または保存されていなかった)。 そのため、オペレータは、画像が印刷されたときにのみ結果が表示されるため、色補正を調整するために多くの経験が必要でした。
スキャナは、走査中に画像のスケールを変更することができ。一般的に拡大して使用した。